アニュアルレポート・IRツール・技術書・契約書・論文などの英訳・中国語訳・その他言語への翻訳、制作、ホームページのローカライズ、通訳派遣

japanese top page english top page chinese top page

home

sitemap
   翻訳/技術翻訳  通訳派遣  デザイン・印刷  IRツール制作
お問合せ
 ■ Home >English Readability Analyzer >英文ライティングのコツ ウインドウを閉じる
英文ライティングのコツ
英文ライティングのコツを活用しよう英文は、ちょっとしたコツで、格段に読みやすくなります。以下にA&Peopleが取りまとめた「英文ライティングのコツ」より、10のポイントを掲載してみました。すでに、ご存じのものもあるかもしれませんが、ライティングの基礎となる主だったポイントですので、読みやすい英文ライティングにお役立てください。


 能動態で「強い動詞(一語で多くの意味を表せる動詞)」を使う

読者は明確で短い文章を求めています。「強い動詞」を使用すると、活気のある引き締まった文章となり、読んでいると情報が目に飛び込んできます。


 隠れている動詞を見つける

「to be」「to have」といった形の動詞、または別の弱い動詞を、強い動詞に変わるような名詞とともに使っていませんか? そうした文章では、名詞 (一般的に、語尾が「-tion」で終わり、動詞から派生した名詞) の中に強い動詞が隠れています。その名詞を見つけて、それを文の中心となる動詞に変えます。名詞を動詞に変えることで、文章はより生き生きと具体的になります。
元の文章
書き直し後
We made an application…
We applied…
We made a determination…
We determined…
We will make a distribution…
We will distribute…


 抽象的概念を具体化する

ミューチュアル ファンド、ダウ工業株 30 種平均、ゼロ クーポン債、コール オプション、外貨取引といった語句から、どんなものを思い描くでしょうか? こういった抽象語からは、何も思い浮かばない人が大半でしょう。イメージ化できると概念や状況を理解しやすくなります。


 余計な単語は使わない

語数の少ない言い方に置き換えても文の意味が変わらない場合、そこには余計な単語が使用されています。以下の語句は、より簡単な単語で代用できる場合があります。
冗語
より簡単な語句
in order to
to
in the event that
if
subsequent to
after
prior to
before
despite the fact that
although


 「肯定文」で書く

肯定文は否定文より短く、わかりやすいものです。以下に例を示します。
【元の文章】   Persons other than the primary beneficiary may not receive these dividends.
【書き直し後】  Only the primary beneficiary may receive these dividends.
また、否定的な意味を持つ語句を、同じ意味をもつ一語に置き換えると、文が短くなり、わかりやすくなります。
否定的な意味を持つ複合語
一語
not able
unable
not accept
reject
not certain
uncertain
not unlike
similar, alike
does not have
lacks


 短い文を用いる

2 ページにわたって続く一文を読みたいと思う人はいません。文が長く複雑になるほど、読み手にとっては部分的にさえ理解するのが難しくなります。


 業界用語や法律の専門用語を、短く一般的な単語に置き換える

業界用語や法律の専門用語の代わりに、短く一般的な単語を使って考えを伝えます。代わりとなる平易な英語が見当たらない場合は、最初に使うときに、その意味を説明します。
独自の頭字語その他の業界用語を新たに作らないようにします。複雑な概念を理解しようとしている読み手に、新しい語彙を覚えてもらうのは多くを求め過ぎです。


 より簡潔な同義語を選ぶ

複雑な概念は、短く一般的な言葉で表現します。例えば、「terminate」でなく「end」を、「elucidate」でなく「explain」を、「utilize」でなく「use」を使います。


 主語、動詞、目的語を緊密に連携させる

英語のネイティブ スピーカーにとって自然な語順は、主語-動詞-目的語です。
できるだけこの順序に従うことで、文章はより明確になります。情報開示文書では、この順序に修飾語句が割り込まれることがよくあります。以下にその例を示します。
【元の文章】  
Holders of the Class A and Class B-1 certificates will be entitled to receive on each Payment Date, to the extent monies are available therefore (but not more than the Class A Certificate Balance or Class B-1 Certificate Balance then outstanding), a distribution.
【書き直し後】  
Class A and Class B-1 certificate holders will receive a distribution on each payment date if cash is available on those dates for their class.


 「respectively」は使わない

「respectively」が使用されていると、読み手は常に前に戻って相互の関係を見直さなければなりません。
「respectively」を使って語数を節約したつもりでも、読み手は内容を理解するために、前より時間をかけて文を読み返さなくてはなりません。
(出典:『A Plain English Handbook』U.S. Securities and Exchange Commission, 1998)
お見積もり・お問い合わせ 株式会社エイアンドピープル お問い合わせフォーム Tel:03-5428-5668 
 
pagetop
  株式会社エイアンドピープル  
    〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-3-10 ファイブアネックス 7F TEL:03-5428-5668 FAX:03-5428-5669 アクセスマップ
Copyright (C)A&People Corporation. All Rights Reserved.