アニュアルレポート・IRツール・技術書・契約書・論文などの英訳・中国語訳・その他言語への翻訳、制作、ホームページのローカライズ、通訳派遣

japanese top page english top page chinese top page

home

sitemap
   翻訳/技術翻訳  通訳派遣  デザイン・印刷  IRツール制作
お問合せ
 ■ Home >English Readability Analyzer  
自動翻訳診断

 English Readability Analyzer とは

コミュニケーション力とは、自分の伝えたいことを簡潔・明瞭・的確に相手に伝える能力です。英語はコミュニケーションの 1 つのツールです。
日本では専門性の高い語彙を使い、長い文章で英語表現できることが「英語力が高い」と思われている傾向にありますが、それは必ずしもコミュニケーション力が高いということにはなりません。米国ではカーター大統領令により、「プレイン・イングリッシュ」(平易な英語)が広まり、官公庁から発信される公文書はもちろんのこと、米国証券取引委員会(SEC)は、米企業などに対して「プレイン・イングリッシュ」を使った情報開示を義務付けています。一般に、米官公庁では、中学 2 年生(米国の教育学年では 8 年生)が理解できる英語表現を推奨しています(大統領のスピーチは、中学生でも理解できるよう、意図されています)。

このサイトでは、お手元の英文が読者にとり読みやすいかどうかを 6 つのルール(下記「読みやすさの指標」)に従って定量的に診断を行います。
お手元の英文が、欧米の読者に「簡潔・明瞭・的確」に伝わるかを知る 1 つの目安にしてください。

今すぐあなたのお手元の英文を診断してみませんか? (下のテキストBOXに英文をペーストして、[診断] ボタンを押してください)
※小数点やMr.などのピリオドは事前に削除してください。

 診断結果


読みやすさレーダー

フレッシュ・リーディング・イーズ・フォーミュラ

0欧米企業推奨基準100

※欧米企業推奨基準:欧米企業で推奨される英文作成の基準値です。 文書の性質等により、必ずしも基準内に収まらない場合があります(特に固有名詞が多い場合、契約書、論文など)。また「学年レベル」は FKG を基準に、小数点は四捨五入で算出しています。

読みやすさの指標について
英文ライティングのコツ

 「読みやすさ(可読性)解析」について

単語や文の長さは、テキストの読みやすさ(可読性)/分かりやすさに影響します。一般に、短い単語、また 1 文が短い文章の方が理解しやすいため、より多く使用されています。英文の改善には、テキストの読みやすさを指標で定量的に評価できる可読性分析が役立ち、欧米では広く使われています。

本サービスは、英文の読解難易度を各種計算式に基づき算出した結果であり、英語レベルなどを認定するものではありません。
  参考としてご利用いただきますようお願いいたします。
本サービスは、オープンソースphp-text-statistics( Copyright © 2003 –2011 Added Bytes )を利用しております。

お見積もり・お問い合わせ 株式会社エイアンドピープル お問い合わせフォーム Tel:03-5428-5668 
 
pagetop
  株式会社エイアンドピープル  
    〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-3-10 ファイブアネックス 7F  TEL:03-5428-5668 FAX:03-5428-5669 アクセスマップ
Copyright (C) 2010. A&People Corporation. All Rights Reserved.